自己破産前に行っておく

任意整理の借金解決方法が特に人気が高い点に注目

MENU

自己破産前に行っておく

自己破産は、債務整理の中でも一番強い方法とされているので、色々な問題も出やすくなります。特に問題となるのが、残っている財産が一定額まで処分されることです。一定以上の額が所持されていると判断されれば、ギリギリまで削って後は処分されることになります。この処分される金額が、一応返済に充てられることとなります。

 

債務整理を実行し、自己破産を選択したのであれば、まず行わなければならないことがあります。残っている財産の金額を全て確かめたうえで、なるべく早い段階で金銭の処理を行っておきます。手持ちで残せる額が決められていることが多いので、それ以上の金額が残らないように工夫して、少しでも金額を減らしておきます。

 

自己破産によって、無理矢理お金が無くなってしまうことを避けるために行うので、当然残っているのであれば早めに処分して、何らかの形で使ってしまうことを考えます。出来ないなら渋々処分されることを考えて、出来る限り減らしてしまった方がいいです。あまりにも残っていると、自己破産をした時に損をすることがあります。

 

金銭の処分をするかどうかは自由で、手続きの手間を省くためにも、出来る限り金銭に関わる部分は先に行ってください。

 

自己破産には大きなデメリットもあるため、必ず実行前に自己破産デメリットは確認しましょう。