任意整理の借金解決方法が特に人気が高い点に注目

任意整理の借金解決方法が特に人気が高い点に注目

MENU

債務整理の中の任意整理

返せない借金の解決方法として挙げられる債務整理には、様々な手続きの方法があります。自己破産は特に有名なものとなり、借金の返済の必要はなくなりますがデメリットも大きくなってしまう手続きです。

 

その点、任意整理は自己破産に比べると手軽な内容といえ、借金が完全になくなるわけではありませんが、誰でも行いやすいといったメリットがあります。しかし、任意整理にもデメリットがいくつかありますので、実際に借金を任意整理で解決をしようと考えている方は以下の内容をしっかりと見ておくと良いでしょう。

 

 

1社だけなら任意整理でも十分と言える

債務整理と言えば、必ずしも自己破産というイメージが浮かんでくるかもしれません。しかし自己破産だけが債務整理ではなく、任意整理もその1つです。任意整理を行うことによって、部分的に借金を減額して、更に金利によって利息が発生しないようにできます。任意整理を行う際は、複数の会社が該当しないかも重要です。

 

1社だけであれば、任意整理の費用はかなり小さなものとなりますし、思っていた以上に利用するお金を減らすことができます。しかし複数の会社が該当する場合、複数の会社にそれぞれ任意整理の費用が加わることとなり、高額になるケースがあります。更に任意整理というのは、そこまで多くの減額が出来ない方法です。

 

余り減額出来ないことを考えると、1社だけ減らしたいと考えているなら利用できますが、複数の会社が該当しているなら微妙な所でもあります。自己破産や個人再生という方法も視野に入れつつ、どれくらい減らせそうなのかも含めて検討することとなります。この相談には、弁護士の協力が欠かせないものとなります。

 

弁護士に様々な協力を依頼することによって、任意整理を早めに行うこともできます。間違った形での任意整理も減り、失敗を軽減できることも多いです。

 

複数の借金があるとしても任意整理は有効な債務整理方法となる場合もありますので、まずは専門家の弁護士に相談をするところから始めると良いです。任意整理の相談先を知るなら任意整理無料相談の情報サイトで見れますので、お金をかけずに相談をしたい方はぜひ見ておきましょう。

 

放置していると危険な状態

借金の支払いが出来ないままとなった場合、放置していると危険な状態になってしまいます。支払いが困難となってしまうだけでなく、会社から支払督促を受けることになるので、凄く面倒なことになります。支払いをしなさいという形で、電話での連絡を受けるだけでなく、書面で支払いを要求されることもあります。

 

こうした問題は、支払いを行えば解決することもありますが、それだけでは駄目なのです。支払いをしても、また次の支払いが出来ないと判断されれば、また問題になってしまいます。これを繰り返してしまうと、後から面倒なことに巻き込まれて、一括での支払いを要求される可能性があります。

 

なるべく支払督促を受けた際は、債務整理の相談をするか、半分くらい返済をすることになります。債務整理の相談をしておくことによって、確実に返済ができるようになりますし、借金の増加を防ぐことができます。半分くらい返済が出来れば、一応会社の信頼を得ることができるため、電話による督促が起こらなくなります。

 

督促を受けてしまうと、非常に生活リズムを悪くすることに繋がってしまいます。これらの問題を解決するためにも、困った時は債務整理の相談をしておくことが重要になります。

 

もし支払督促が届いている、どうすれば良いのか分からないままでいるといった状況の方は、早めに何らかの手続きを進めてください。支払督促の異議申立書は提出期限が決まっているので、過ぎてしまうと大きく不利な条件で裁判がされてしまう可能性があります。

 

どのように申立書を出せば良いのか分からない方は、無視をするのではなく支払督促や訴状が届いたらをよく読み、正しい手続きの進め方で解決を図ってください。